【テラコヤプラス】に当塾が紹介されました♪

究極の『先取り学習

小5・小6で数検3級を合格!

神neo学習塾について

神neo学習塾とは

なぜ小学5・6年生に数検3級取得させるのか?

通常の小学生対象の学習塾では、中学受験専門、もしくは学校の授業の少し先をすすめて、学校の授業を理解していきましょう、というところがほとんどです。

小学生では習い事の兼ね合いもあり、塾より習い事を優先。

中学生になって定期テストを受け、テストの点数が悪く、はじめて学習塾への関心が高まる。

そこから学習塾へ…

究極の『先取り』学習

以前も少し述べましたがそもそも先取り学習って何?

三平方の定理はなぜ中学3年で習うの?

勉強できるお偉いさんが勝手に習う単元をいつ習うか決めただけに過ぎない。勝手に決めた基準があるから先取り学習なんて言葉が存在する。

お偉いさんが決めた基準より子どもの能力ははるかに高い!

子どもの能力を甘くみないでほしい。

自分は数学で先取り教育?を実践したが他の教科だって教え方次第でできると思う。

小学5年生で中学3年レベルの数学を理解させていくのは、魔法さえ使えば…

教育費100万円以上を節約

学習塾では中学3年間で約100万円以上の出費があります。

ただでさえ、家計が厳しいところのこの出費はおさえたいところ。

しかし子どもに勉強教えられないから仕方ない。。。とよくわからず、学習塾代支払っている親がほとんど。

しっかり勉強して納得したうえで、学習塾代支払っているのであれば、別ですが。。。

「親がしっかり勉強する場所を作ることが不可欠では?」

と思い『環境』を作りたいと考えました。

不登校生サポート

神neo学習塾では不登校のお子さまのサポート塾でもあります。

不登校のお子さまはさまざまなケースが考えられます。

勉強が苦手、嫌いになって授業がついていけず困っているお子さま限定でご対応いたします!

もちろん本人やる気あり!!

勉強できるできないは二の次。

保護者様の

算数が苦手な息子に
『やる気スイッチ』が入りました

May 2, 2022 by K.Hママ

4月から6年生になりましたが、昨年 先生のInstagram(#kami.neo.school)で『小5は人生の分岐点』『小5の学習習慣で将来は決まる』というワードに目が止まり、まさに算数に対して苦手意識を持ち始めた小5の息子に 少しでも自信を付けさせたい!!この大事な時期を 親としては見逃してはいけない!!という思いで 息子にこういう体験授業があるけど一度受けてみない?!と話しました。

元々 算数が好きではないし オンライン授業(zoom)という初めての勉強スタイルに 私自身も大丈夫かな?!と心配しましたが 体験授業を終えると『やってみたい!! 』と まさかのやる気スイッチが入り、9月から正式に受講して週3での70分授業がスタート!

他の習い事もあったので 大変な時もありましたが、その子のペースに合わせて下さり『勉強は間違っていい 何回も何回も繰り返しながら覚えていって 分かるようになったら楽しくなるから』という感じで 先生の明るい人柄と笑い声で、子供達ものびのびと授業を受け、いつも あっという間の70分授業でした。

先取り学習をした事によって 中学生になった時、いきなり難しくて分からな~い…ではなく、あ~ 覚えてる!! と気持ちにゆとりと自信を持たせて中学生になれると思うので あの時 先生と出会って入塾できた事は素敵なご縁だったと思っています。

一度 親子で先生の授業を体験されるとやる気スイッチが入るかもしれませんよ!!

理念

先取り学習を通じて
ニッポンの生産性と幸福度を爆上げする!

ビジョン

多くの子ども達が
勉強好きになって幸せな未来を!

ミッション

小学高学年生が勉強の楽しさに目覚め
自主的・前向きな人に成長していく♪
人生の選択肢が広がる♪

パッション

学生時代勉強できず困っていた。
親や周囲に勉強できず馬鹿にされていた。
勉強できない気持ちが誰よりも理解できる。

だから
勉強で苦しんでいる子どもを
少しでも楽しみに導きたい!

神neoからの提唱

人生における三平方の定理
『わかる』『できる』『楽しい』

小学5・6年生が約6ヶ月で
数学検定3級取得(中学3年生終了範囲)する
【究極の先取り学習】を編み出す。

その後、起業し、わずか1年で
「行列のできるオンライン塾」に成長。

想いはひとつ
「この子の将来を背負っている」
という気持ち。

だから、勉強の楽しさを伝えたい!

教える側も楽しみながら
『わかる』『できる』『楽しい』
『自信』『成長』を共有したい!

資格試験取得で一生語ることできる物語を
プレゼントし、その後の子供の将来が
より良いものになると信じている。

「人に常に『ふたつの未来』を選択できる」

  • 今やる選択
  • 今やらない選択